Lurefishing and Outdoor LIFE

シーバスルアーフィッシングとアウトドアが趣味な男のブログです。 実践よりも、道具蒐集の方が好きだったりします。 愛用道具の紹介を中心に、釣行記やキャンプ記録などを綴っていこうと思います。

Lurefishing and Outdoor LIFE イメージ画像

更新情報

    シーバスアングラーの皆さんは、バチ抜けシーズンを楽しんでいますか?私も何度かバチパターン狙いで何度か寒空の中突撃しましたが、まったくバチは見当たらず、結局バイブレーションで底狙いでようやくヒットさせました。また、底狙いといえばということで、他に記
『【気になる Part2】これも欲しい! 釣りライフで使えるグッズ!【すぐに欲しい】』の画像

 シーバスアングラーにとっては、バチシーズン開幕、という時期だと思いますが、まだまだ気温や水温はかなり低いので、寒さに負けてポイントに足が進まないアングラーも多いのではないでしょうか。こんな時期は、釣行にコストをかけず、春シーズンに狙いをしぼり、次の釣行
『【気になる】いま欲しいタックル&釣りに使えそうな各種グッズ【すぐに欲しい】』の画像

   もうすぐ2月ということで、あのシーズンが近づいてきました。そうです!シーバスアングラーが待ち望んでいた、「バチ抜け」シーズンです。ランカーサイズが狙える秋の産卵シーズンを経て、12月1月の渋い時期を挟んでいるため、この時期を待望してきたシーバスアングラ
『【シーバスアングラー待望のシーズン直前!】バチ抜け対応ルアー【まだ間に合う!】』の画像

   ダイワが誇るAGSガイド(Air Guide System:エアガイドシステム)が搭載されたロッドが発売されてどれくらい経ったでしょうか?ワタクシは「ダイワ ラブラックス AGS 90M」を愛用していますが、金属製だったガイドがカーボン製になったことで飛躍的に軽量化され、釣行
『【あの垂涎ロッドが!】ダイワAGS搭載ロッドが最大40%オフ!【モアザン&ラブラックス】』の画像

   タックルほボックスとしておなじみの、メイホウ(MEIHO) バケットマウスBM-5000&BM-7000がアマゾンで激安となっています。■バケットマウスBM-5000参考価格:5,929円→3,658円(31%オフ)■バケットマウスBM-7000参考価格:5,616円→3,400円(39%オフ)特に、BM-5000は
『【激安情報】メイホウ(MEIHO) バケットマウスBM-5000&BM-7000が激安!』の画像

  2015年最後の記事は、ルアーマン、アングラーにとってお得な情報です。シーバスアングラーの間では、imaの10,000円福袋が話題になっていますが、今回は、福袋よりもさらにお特にルアーをゲットできる情報です。7,000円分のタックルが、無料でゲット可能!な情報です
『【福袋よりもお得!】ルアー3~4個を無料でゲット可能!【お得情報】』の画像

   いろいろなブログでも展開されている、「2015年買ってよかったもの」という企画。私も便乗して、今年購入してすぐにお気に入りとなったタックルたちを紹介していきたいと思います。題して、【超私的セレクト】2015年買ってよかったタックル【まとめ】です。【
『【超私的セレクト】2015年買ってよかったタックル【まとめ】』の画像

普段は、新品をアマゾンか釣具屋で購入することが多いのですが、たまには気分転換をしようと思い、久しぶりにネットオークションを利用してルアーを購入しました。しかし利用が久しぶり過ぎたこともあり、入札の加減を忘れ、結果として大量購入してしました!新品と中
『【図らずもルアー大量ゲット!】勢い余ってオークションで合計14個のルアーを捕獲!【多分お得のはず・・・?】』の画像

  年末年始のホリデーシーズンには旅行に出かける方も多いと思いますが、旅行先で河川や港を見つけると、ついついルアーを投げたくなるフィッシングジャンキーの方も多いと思います。かくいうワタクシもその一人。しかし、家族の手前、釣りメインの旅行日程は組みづら
『【年末年始の旅行の合間でも釣りをしたいフィッシングジャンキーに送る!】モバイル&パックロッド 【まとめ】』の画像

   これまでも、オススメルアーをご紹介する記事をあげてきましたが、今回で第4弾となります。題して、『あの人がプロデュースしたルアーで釣れなければ、諦めもつく(ハズ)!湾奥のプリンス 大野ゆうき氏プロデュースルアー 大特集!』です!皆さんはルアーを購入する
『【好評第4弾!】困ったときのプリンス頼み!【大野ゆうき氏プロデュース特集】』の画像

好評第3弾!今回は【秋のシーバスハイシーズン終盤にまだ間に合う!】ランカーハンタービックルアー特集!と題して、14センチ以上のビッグサイズルアーをご紹介していきます。シーズン終盤になりましたが、この時期が一番ランカーサイズが釣れる時期ではないでしょうか?
『【秋のハイシーズン終盤にまだ間に合う!】ランカーハンタービックルアー特集!』の画像

  今回は、私の愛用ルアーの一つである、DAIWA SHORELINE SHINER(ダイワ ショアラインシャイナー)シリーズのご紹介です。写真の一番手前がショアラインシャイナーZ120F-SSR、真ん中と未開封のものがショアラインシャイナーZ120Fとなります。特にレンジMAX30センチのスーパ
『【MAX30センチダイブの安心感!】ドシャローポイントでは先発完投も!■DAIWA SHORELINE SHINER(ダイワ ショアラインシャイナー)Z120F-SSR&Z120F 』の画像

 前回の記事、【この秋ゼッタイ外せない!】オススメ シャローランナー特集(レッドヘッドオンリー!)が非常に好評でしたので、第2弾と参りたいと思います。【好評第2弾! キャッチされたシーバスにとってまさにゴースト!】オススメ クリア&ゴーストカラー ルアー特集!
『【好評第2弾! キャッチされたシーバスにとってまさにゴースト!】オススメ クリア&ゴーストカラー ルアー特集!』の画像

  皆さん、秋のシーバスハイシーズンは楽しまれていますか?特にこのシーズンのリバーポイントでは、「シャロー攻略」がカギだと言われていますが、手持ちのシャローランナーのストック補充は足りていますか?シャローランナーは狙う場所が場所だけに、他のルアーと比較し
『【この秋ゼッタイ外せない!】オススメ シャローランナー特集(レッドヘッドオンリー!)』の画像

  ルアーのセールスポイントには、「ローリング」や「ウォブリング」、そして「S字アクション」、ときには、「ヤルキスパーリング」などなど、様々なアクションがウリとなっていることが多いのですが、それらとは全く逆の「動かない」ことがウリとなっているルアーです。Ja
『【まるでただの棒】動かないルアー ■Jackall Seira Minnow 80S Salt Ver.(ジャッカル セイラミノー 80s ソルトバージョン)』の画像

本日ご紹介する私の愛用ルアーは、皆さんご存知のHedden ZARA SPOOKとSUPER SPOOK Jr.(ヘドン ザラ スプーク スウェイバック&ヘドン スプーク ジュニア)です。世界中のルアーマンが愛用するルアーですので、説明は要りませんね。普段は、国産ルアーを購入することが
『【伝説に触れてみたくて】■Hedden ZARA SPOOK SWAY-BACK&SUPER SPOOK Jr.(ヘドン ザラ スプーク スウェイバック&ヘドン スプーク ジュニア)』の画像

  購入してからかなり時間が経ってしまったのですが、最近よく使用しているルアーのご紹介です。Daiwa 魚魂(ダイワ ウオダマ)です。そのルックスと名前に魅かれ、釣具店でリアクションバイトしてしまったルアーです。 以下、メーカー説明です。---------------------
『【これは色モノなのかそれとも究極のルアーなのか】Daiwa 魚魂(ダイワ ウオダマ)■人生初の1投目からランディング!』の画像

今回ご紹介するルアーは、LIVE TARGET BAITBALL(ライブターゲット ベイトボール)です。このルアーは、先日ご紹介した、Northland Fishing Tackle LIVE-FORAGE BAITFISH SWIMBAIT BLUEGILL 3/8OZと同様に、池袋のおしゃれブラックバスショップ「10minutes」さんで入手
『【まるでスイミーなルアー!】おしゃれバスショップでリアクションバイト!■LIVE TARGET BAITBALL(ライブターゲット ベイトボール)』の画像

  今回は、釣行時のちょっとしたアイデアのご紹介です。釣行を終えて、使用したルアーは自宅でルアーボックスごと洗う方が多いと思います。釣行を終えてまっすぐ帰宅できる場合はそれでも問題ないと思いますが、釣行後に寄り道をしたり、そもそも旅行中での釣行だったりす
『【釣行時のアイデア】100均水筒の活用法■ルアーを錆びさせないために』の画像

今回の記事は、愛用するアウトドアグッズの中でも、ライト関連のグッズをご紹介します。BlackDiamond Orbit(ブラックダイヤモンド オービット)と、Petzl e lite(ペツル イーライト) です。どちらもキャンプやトレッキングなどのアウトドアアクティビティ時だけでなく、
『【愛用オススメ アウトドア グッズ】ライト篇■BlackDiamond Orbit(ブラックダイヤモンド オービット)&Petzl e lite(ペツル イーライト)』の画像

↑このページのトップヘ